image image image image image image image image
 


くくりの森 訪問〜夏〜 その3
くくり夏1−13.jpg
加茂なすを、油で焼いて、ハーブソルト。
生のキャベツで包んでいただきました!

これ、めちゃくちゃおいしい!

畑で、生で頂いたお野菜がおいしすぎて

『料理てなんだろう?余計な事をする必要はないんじゃない?』
と、思ったのです。

でも、
ほんの少しの、調味料と、火の力。

それらを使って、持っている良さを、
さらに、もっと!引き出すこと、

これが『料理する』ということの理由。


素材の味をひきたててこそ、『料理』

しっかり、ココロに刻みたいと思います。




その後、お野菜を集めて…

くくり夏1−14.jpg

くくり夏1−15.jpg

集合写真を。

くくり夏1−16.jpg

なんて綺麗な、形、色、ツヤ!!
自然の造詣物にはかないません。

無農薬とか、有機農法とか聞くと
『形が悪くて当たり前』
『自然だからこそ、形が悪い』
と、思っていませんか?


こちらのお野菜はとってもキレイなんです!
『本当に、土を自然に近い状態にしたら、
形も綺麗になる。自然界の物って、お花でも、
昆虫でも、綺麗な形をしてるじゃないですか』

初めて、飯島さんに会った時に伺った言葉。
深く納得したものです。


斉藤完一さんと、愛犬ソックス!

くくり夏1−17.jpg


完一さんは、無農薬農法にこだわり25年以上。
数々の苦労と共に、ここまで作り上げてきた素晴らしい方!
ですが、すごく気さくな方で、お話がおもしろい!*^^*


くくりの森の皆様と。

くくり夏1−18.jpg

今年から新入社員も入ったそうで、にぎやかになりましたね!
みんな、素晴らしい笑顔が印象的!
とっても癒されました〜。

お邪魔しました!また、来ますね。
くくりの森 訪問〜夏〜 その2
畑に、キャベツがありました。
だいぶ周りの葉っぱは虫食いで、枯れているもの。
手が回らなくて採りきれなかったと。

もったいないけど、そういうことはあるよねー。
ところが・・・

くくり夏1−6.jpg
割って見ると、中はこのみずみずしさ!
流れ出るほどの水分です。

くくり夏1−7.jpg
いただくと・・・やはりみずみずしく、しゃきしゃきした歯ごたえ。
また甘味と、辛みと、変わりゆく味わい。

もう、延々食べ続けられます!
すごい!お野菜の底力を見ました。


くくり夏1−8.jpg
ピーマン

そのままかじっても、甘くておいしい!
種も、ワタも食べれちゃいます。

くくり夏1−9.jpg

くくり夏1−10.jpg
千両なす。

これは小振りですが、収穫終えたものはもう少し大きい。
ぱんっぱんに張っていて、いかにもおいしそう〜。


くくり夏1−11.jpg
畑の脇に、葉っぱが密集。

ん?なに?と思ったら・・・小松菜だそう。

くくりさんの小松菜も、すっごく美味しいのですが、
これは、小松菜が大きく育った後、落ちた種で出てきたよう。

虫食いですが、甘さと苦みと、ちょっとぬめりがあり
これまた美味しい!

どこの葉っぱも、おいしいのです 笑


くくり夏1−12.jpg
これは・・・?

ビニールで土を覆って、熱消毒だそうです。
これまた、ナチュラルな方法ですね!
くくりの森 訪問〜夏〜 その1
こちらのブログは、お久しぶりになっちゃいました^^;;


久しぶりに、くくりの森さんの畑に行ってきましたよー!

梅雨がまだ明けず、お天気を心配していましたが、
まさかの快晴!!気持がいいです〜。

今回は、お仕事で行ったで、
再び、堆肥のお話を聞かせていただきました。

前回の様子はこちら

こちらの堆肥は、100%植物性!
ここまでこだわっている所はそうそうないです。

なんと、この堆肥、食べられますよ。
食べられる堆肥で作った、お野菜。おいしそうですね〜。


くくり夏1−1.jpg

『堆肥は、土の中の微生物へ感謝のごはん』
というお言葉をいただきました。

一生懸命働いてくれた微生物に、
『ありがとう、おつかれさま』といってごはんを振る舞う。

とてもイメージがしやすいですね。
だから、おいしいものを用意する、と。

自然と共存する、とはこういうことか、と思いました。


くくり夏1−4.jpg

1年かけて作った堆肥を、畑に蒔きます。
トラックで走りながら、まき散らすんですね!

くくり夏1−5.jpg
とうもろこし畑!


くくり夏1−2.jpg
『ホワイトレディー』さんだそう*^^*

生でいただきました!
とうもろこしの、でんぷん感が少なく、
ジューシーで、月並みですがフルーツみたいです。

さくさくとした粒の食感もいいですね!

くくり夏1−3.jpg
『ひとみ五寸人参』

くくりさんを代表する、人参です。
ちょっと土がついていますが、食べれちゃいます!

こちらの人参は、とても育てるのが難しいそう。
台風などがくると、風でも苗が抜けてしまったり・・・

ですが、味は甘くて、濃くて!
さらにβカロテンが通常の人参の2倍入っているそう!

そんな人参をまるごと使った、ジュースも販売されています。
原材料にんじん、のみ!
フルーツはもちろん、食塩すら使ってません。
くくり夏1−18.jpg

以前から、試そう試そうと思いつつ、試した事が
なかったんですが、これは・・・!

にんじんジュースの概念をくつがえしますね!
にんじんスープです。

圧倒的な、だし感。
とっても複雑であたたかい、土の香りがします。

これ、離乳食とかに最適ですね!
第一回 満月◯ベジフレンチ〜まあるい世界へ〜 その3
クリスマスパーティー仕様です!
満月ベジ1−19.jpg
乾杯は、お野菜に合うスパークリングということで
クレマン・デュ・ジュラ。

シャンパーニュ製法で作られたこのワインは
繊細な泡で、お野菜によく合いますね!

もう1本は、オーガニックのシードルを御用意しました。

お料理は、満月にちなんで
「まあるく」作っています。
満月ベジ1−20.jpg
アミューズ・グルに
お豆腐の味噌漬け(チーズのようになります)
みなもと農園さんの小カブ&タップナード(アンチョビ無し)

満月ベジ1−21.jpg
1 『にんじんのムース』
くくりの森さんの、ひとみ五寸人参をたっぷり使って、
豆乳クリーム、葛粉などで作ったムース。

サラダ添え。自家製ざくろ酢で作ったドレッシングで。

満月ベジ1−22.jpg
2 『じゃがいものスープ、カブのファルシ』
下仁田ネギ、くくりの森さんのシンシア(じゃがいも)
クルミのポタージュ。 

くくりの森さんのかぶのファルシはやわらく蒸しています。
ヘーゼルナッツオイルでアクセント。

満月ベジ1−23.jpg
3 『根菜のア・ラ・グレック』
コリアンダーシードを入れた根菜のマリネです。
くくりの森さんの紅くるり、紅しぐれ(大根)
イエロースティック、パープルスティック(人参)
カリフラワー

満月ベジ1−24.jpg
4 『ファラフェルのカダイフ包み揚げ』
まんまるに揚げたファラフェルは、さくさくで
食べ応えあり!
クミンの香りが効いています。

付け合わせは、くくりの森さんの紅しぐれと、
みなもと農園さんの白皮砂糖かぼちゃの
メープルマリネ。


満月ベジ1−25.jpg
5 『根菜のロースト、メープルソース』
くくりの森さんの、大蔵大根                   みなもと農園さんの打木赤皮赤栗カボチャ             
黒田五寸人参、本紅かぶをローストで。

メープル万能ソースで。


満月ベジ1−26.jpg
6 『玄米焼きリゾットのスープ仕立て、舞茸の香り』
野菜の皮などでとったスープ、ベジブロス。
こちらで舞茸入、玄米リゾットを炊きます。
それを、オーブンでかりっと焼き、
白菜入のベジブロススープで。
スープは柚子の香りがアクセントです。

素揚げの舞茸も盛っています。
しめのお茶漬け風に。

満月ベジ1−27.jpg
最後は、クリスマスデザート。
ガトーショコラ、ベリーソース添え。

こちらももちろん、ベジ仕様で卵、バター不使用。
このケーキが今回一番苦労しました!
ベジ仕様ケーキを試作すること、6回目で
これが完成。^^;;

満月ベジ1−29.jpg
『卵、バター使ってないって思えない!』
とのお言葉いただきましたー!やったぁ。

目指したのは『リッチ感』
やっぱり、チョコレートケーキはリッチなお味じゃないと。
これ、本当によく出来ましたー。


こんな感じでした!
長時間でしたが、意外とあっという間でした。
料理を用意している間は、皆さんでいろんなお話を
していただけたようです。

皆様が、なにかを感じてお持ちかえりいただけたら、
嬉しく思います。
第一回 満月◯ベジフレンチ〜まあるい世界へ〜 その2
ひよこ豆のコロッケ、ファラフェルを作ります。
満月ベジ1−10.jpg
ひよこ豆、玉ねぎ、ニンニク,クミンなどを入れ

満月ベジ1−11.jpg
フードプロセッサーにかけます。
ひよこ豆は水で戻すだけで生で使うの楽々。
これを丸めて素揚げするのが本来ですが…

満月ベジ1−12.jpg
こちら、レッスンでも使って大好評だったカダイフ。

満月ベジ1−13.jpg
カダイフで、ファラフェルを包みます。

満月ベジ1−14.jpg
皆さんで包んでもらいました!
かわいい〜。
これを、油で揚げますよ。

満月ベジ1−18.jpg
説明中*^^*

満月ベジ1−16.jpg
オーブン焼きするお野菜達に、オリーブ油を塗ります。

などなど。
計6品のお料理をお伝えさせていただきました。

さて、用意が出来たらパーティーの始まりです!
第一回 満月◯ベジフレンチ〜まあるい世界へ〜 その1
12月6日。
今年最後の満月でした。

冷えとりーな、おおしまゆかさんと、
ジュイエのコラボ。

【満月◯ベジフレンチ〜まあるい世界へ〜】
を開催いたしました。

ベジフレンチとは・・・
動物性食品を一切使わずに
お野菜、穀類、豆類などで作るフレンチ。

マクロビオティックやビーガンとは異なる
独自のベジ料理です。

ベジタリアンをオススメする訳ではないのですが、
やはり植物性食品を多めにとると身体は変わって行く
ことを実感しています。

一方で、自らベジ生活をしている方はいいのですが、
野菜を食べましょう、動物性食品を控えましょう、
というと【我慢】という文字がつきまといます。

我慢、することなく、代替え食品を使うのでもなく、
「お野菜を、お野菜として美味しくいただく」
ということを、コンセプトに
見てキレイ!食べて美味しい!
まさに、フレンチの要素でお野菜の美味しさを体感して欲しい。
そんな願いを込めて、開催しました。

そして、どんなものが身体にいいのか、悪いのか。
頭でなく、五感で感じられる人、になって欲しい
という願いです。

今回のお野菜は、無農薬野菜のくくりの森さん
満月ベジ1−1.jpg

満月ベジ1−2.jpg

在来固定種お野菜の足柄みなもと農園さんからお取り寄せしました。
満月ベジ1−3.jpg

そして、ゆかさんが群馬から立派な舞茸を持ってきてくれました!
満月ベジ1−5.jpg

ご参加して下さった皆様、ありがとうございます!
まずは、ゆかさんお手製の玄米甘酒とリンゴを使った
食前酒を頂きながら、自己紹介など・・・
満月ベジ1−17.jpg

それから、お料理教室に突入です。
満月ベジ1−6.jpg
色とりどりの大根、人参を炒めて…
根菜のギリシャ風マリネ、ア・ラ・グレック。

満月ベジ1−7.jpg
少し蒸したカブの中身をくりぬいて…

満月ベジ1−8.jpg
詰め物を。かぶのファルシです。
詰め物は、香味野菜と、もちきび、キヌア。

満月ベジ1−9.jpg
サラダの葉をちぎります。
春菊、からし菜、ルッコラ、水菜

新鮮お野菜の、ちぎり心地に皆さん驚きの声!
ぱきぱき!となんとも心地よくちぎれます。
ちぎりながら、お味見も!
一押しオススメのルッコラの味の濃さにも驚かれます。
音、手応え、色、香り、五感をフルに使って感じて下さい。

「いつものスーパーで買ってるのと全然違いますね!」
そう感じ、お野菜,といってもいろいろなんだな、
美味しいのが食べたいな、そんな気づきが嬉しいです。
くくりの森さん 訪問♪ お料理編
くくりさんのコテージにて、お料理させてもらいました。
今回も、たっくさん、作りましたよー。

くくり11-12.jpg
*パープルスティック
紫とオレンジのコントラストが美しい人参。
焼いてもこのまま、色が残ります。

くくり11-13.jpg
たっくさん、出来ましたー!

*3色人参のソテー
*生野菜(人参、赤筋大根、カブ、白菜)
*白菜の炒め煮
*茹でビーツ
*ほうれん草、小松菜のおひたし
*白菜の柚子漬け
*ターサイ、レタスの中華炒め


くくり11-14.jpg
*マスタードリーフ、ルッコラ、サニーレタス、
 春菊のサラダ

くくり11-15.jpg
*大蔵大根のソテー

くくり11-16.jpg
*ひとみ五寸 キャロットラペ
*青首大根の、メープルソース

くくり11-17.jpg
*シンシア(じゃがいも)のフライ、トリュフソルト


などなど!
沢山、頂きましたー!やっぱり、採りたてのお野菜は格別。
前回と顔ぶれも変わり、冬のお野菜もおいしいですねー。


たっぷり、お野菜をいただいた後に、このおいしいお野菜を
つくっている、堆肥を見せていただきました!
くくり11-18.jpg


こちらは、植物性のもののみで作っているそう。
コーヒー豆かす、米ぬか、お野菜、果物のの酵素などなど。
香ばしい、発酵臭がします。(臭みはなし!)
暖かくて、手で触ると、すべすべになるほど!
この堆肥のおかげで、くくりさんの畑はふわふわでした!

やはり、美味しいお野菜は、堆肥までおいしいんですね!
(食べてはいませんが^^;;)
とっても納得してしまいました。


くくり11-19.jpg
こちら、斉藤完一さんは、山武市で30年以上、無農薬野菜に
取り組まれている、先駆者。
くくりの森さんの、飯島さんの師匠さんでらっしゃいます。
この堆肥も、斉藤さんのブレンド。

沢山の、貴重なお話を聞かせていただき、あたらめて、
野菜の作り手さんの熱い思いにふれ、自らの使命を再確認
いたしました。
一人でも多くの方が、喜びをもって食事が出来るように、
私も力を尽くしていこうと思いました。

今後も、くくりさんのお野菜から、目が離せません!
また、おじゃまさせてください〜。
くくりの森さん 訪問♪ 収穫編
夏以来、くくりの森さんに訪問してきました。
冬野菜が沢山出来ていましたよー。

お昼に頂くお野菜を、収穫させていただきました。

くくり11-1.jpg
*キャベツ。
先のとがった、珍しい形。とっても葉が柔らかいです。

くくり11-2.jpg
人参は3種。
*ひとみ五寸
*パープルスティック
*イエロースティック


くくり11-3.jpg
こちらは*ビーツ。
まだ球が小さかったです。
葉が小さいうちは、ベビーリーフで頂けるそう。
そういえば!ベビーリーフに、ビーツって書いてありますね。

くくり11-4.jpg
*春菊も柔らかくて、キレイ!おいしそう!

くくり11-5.jpg
こちらは、*赤筋大根という種類だそう。
皮だけですが、筋が入ってますねー。

くくり11-6.jpg
葉っぱにも、赤筋が!

くくり11-7.jpg
大根の葉って、円になってるんですね〜@@
ぐるぐるしますね!キレイ。

くくり11-8.jpg
*青首大根
端から端まで、同じ太さのものが
*大蔵大根 だそう。おでんにピッタリですね!



くくり11-10.jpg
*マスタードリーフ。
辛みがあって、美味しいです!

くくり11-11.jpg
沢山、収穫しました!

さて、どんなお料理にしましょうか。
ブラジル☆ラボ  その2
rabobrasil9.jpg
ヴィナクレッチ

ブラジルの代表的なサラダです。
野菜を細かく切って、ビネガーの味で。
いろんな料理とともに食べるとさっぱりして美味しいです。

rabobrasil10.jpg
フェイジョアータ
代表的な、お豆とお肉の煮込みです。

rabobrasil15.jpg
コシーニャ。
ちょっと生地がとろっとしますが・・・これであってるのか?
誰もわかりません^^;;

rabobrasil14.jpg
ボリーニョ・デ・バカリャウ
干し鱈のコロッケ。フランス料理の、ブランダードを
コロッケにした感じです。

rabobrasil11.jpg
シュラスコ、
焼けましたー。

rabobrasil13.jpg
切り分け、してみましたー。

rabobrasil16.jpg
ボーロ・デ・フバ ー
とうもろこし粉を使った、ケーキです。
混ぜるだけで、簡単。とうもろこしの甘味が
あっておいしい!小さいお子さんのいるお家では
子供一緒に作って、おやつにしてもいいですね。

ブラジル料理、またまた未知との遭遇でしたが、
楽しかったですねー!
ブラジル☆ラボ  その1
7月のジュイエ☆ラボは、もちろん、
ワールドカップにちなんで、ブラジルです!!

こちら、全く食べるのも初めてなため、
レシピのピックアップが、先ず大変^^;;
なかなか、イメージがわかず、苦労しました。

rabobrasil1.jpg
材料です!


rabobrasil3.jpg

さて、作り始めます。

rabobrasil4.jpg
コシーニャ。
これは、スナックのような手軽な前菜。
でも作り方がおもしろく、小麦粉をチキンブイヨンで練って
その生地で、チキン、チーズなどで作った中身をつつみ、
卵とパン粉をつけて揚げるのです。なかなか、凝ってます。


rabobrasil5.jpg
こちら、シュラスコ。
網焼きの変わりに、グリルパンで焼きます。
焼きパイナップルもおいしいそうで、
丸ごとは無理なので、カットして。
パインには、砂糖とシナモンをふりかけるそうです。

そしてお肉は豚バラと、牛もも肉。
こちらも、スパイシーな味付けなどがあると
思いきや、塩,胡椒で焼くだけなんですねー。

rabobrasil6.jpg
出来上がったんで、カンパーイ!
お酒も、ブラジルのカクテル、カイピリーニャで!
これ、モヒートとの違いが、いまいちわかりません。^^;;

rabobrasil7.jpg
フランゴ・コン・キアボ

チキンとオクラの煮込みです。
ライスとともに。フライパン一つで出来ておいしい!

rabobrasil8.jpg
ムケッカ

ココナッツミルクで、魚介を煮込むお料理です。
今回は、海老にしました。
世界各国でココナッツミルクを使うお料理が
あるんですねー。
1/13 >>

image


Copyright © 2007〜2012 juillet. All Rights Reserved.